銀行を上手く利用した貯金方法

銀行を上手に活用すると貯金がしやすい環境を整えられます。

どうしてもタンス預金では手元に現金があるため、
必要な時にはすぐに現金を使えるものですが、
銀行にお金を預けていると引き出す手間が面倒に感じられて
簡単にお金を使う気持ちにはなりにくいものです。

無駄使いを防ぐためにも、できるだけ銀行に
貯金するクセを身につけるようにしたいものです。

銀行口座に貯金する場合は
貯蓄用の口座を用意しておくと便利です。

給料振込や口座振替をしている口座の場合は、
どうしても貯蓄をする意識が薄れてしまいがちです。

あらかじめ貯蓄用口座があれば
毎月貯蓄額を決めて計画的に貯金しやすくなります。

余裕があれば普通預金よりも
利率が高い定期預金として貯蓄しましょう。

金融機関によって金利に差があるため、
できるだけ便利に活用できて利率が有利な銀行を選んで下さい。

貯蓄をする習慣が身に付いていると、
何年経っても貯蓄を意識した生活を続けられるそうです。

自然と無駄使いを避け、
お金の大切さを意識できるようになるはずです。

貯金をする際には、目標とする金額を
あらかじめ設定しておくと良いです。

例えば3年後には新車を購入したいので
300万円を目標にしたい場合は、
年間100万円貯金すると3年間で達成できます。

1年間均等で貯める場合は8万4000円、
ボーナスを併用する場合は1ヶ月5万円、
ボーナス月は20万円ずつ貯めると達成できる金額です。

お給料を受け取った時点ですぐに貯金用口座に移し、
残りのお金でやりくりするように心がけてみましょう。

給料が振り込まれる銀行口座から
自動的に定期預金に積立できるお金や、
財形貯金に対応している銀行を活用すると便利です。

お金の管理に自信がない方にとっても
貯金しやすい環境が自動的に整えられます。

銀行によって様々なサービスを提供していますが、
インターネット銀行を活用すると
金利やサービス面で有利になる場合が多いです。

使い勝手の良さも貯金のしやすさに繋がるため、
それぞれのライフスタイルを考えながら
最適な銀行を選んで下さい。

 
Copyright © 2014 読んで得する銀行活用の豆知識. All rights reserved